SNSでの効果的な誹謗中傷対策と日々心がけること

SNSで誹謗中傷の被害にあわないために

現代ではSNSの台頭により、個人が簡単に情報発信することが出来る時代になりました。その影響もあり個人が素晴らしい出来事をシェアしたり、世の中の為になる情報を発信している一方で、特定の個人を攻撃する誹謗中傷なども頻繁に起きています。普段の生活をしている中で、誹謗中傷の対策をするにはどのようなことをすべきなのでしょうか。芸能人であれば、一定数のアンチが発生する事はやむを得ないことになりますので、防ぐことは困難と言わざるを得ません。しかし、個人であれば、関わる人脈は限られますので、誹謗中傷の対策をすることは容易にできます。まず、インターネット上で誹謗中傷にあわないためには、自分の事を批判してくる人との関係をブロックすることが対策として有効です。相手が何の根拠もなく、誹謗中傷してくる場合は自分にはどうすることもできません。ですので、SNSはブロック機能がありますので、誹謗中傷してくる相手と関係を断つことで、相手は誹謗中傷しなくなる可能性が高いです。また、相手の発言をを聞かなくてすむようになりますので、自分自身を守ることができます。

SNSでネガティブなことよりもポジティブなことを

SNSでの発信をする際に、どのような内容を投稿しているかで誹謗中傷を引き寄せてしまうか、そうではないかが決まってしまう場合が多いです。特にネガティブなことばかり発信している人は、誹謗中傷を引き寄せやすく、ポジティブなことを投稿している人よりも圧倒的に誹謗中傷される確率が高いです。ですので、意識的にポジティブな投稿をすることで誹謗中傷される確率が劇的に減ることが考えられます。

誹謗中傷対策に取り組む際には、弁護士や司法書士などの専門的な資格を有するプロを頼りにすることがとても有効です。