エンジニアのスキルアップ!ウェブ制作なら押さえておきたい二つの方向性

ウェブ制作でのスキルアップにはJavaが必須

ウェブ制作において最もよく用いられてきたプログラミング言語はPHPでした。今でもなお多くのウェブアプリケーションはPHPベースで動いているため、エンジニアがウェブ制作に携わっていく上ではほぼ必須となっています。しかし、ここから頭一つ出て有能なエンジニアとして認められるようになるためにはスキルアップが不可欠です。その方向性として重要なのがJavaの習得であり、拡張性の高さと汎用性がある魅力からその地位が揺るぐことは当面ないでしょう。システムをPHPからJavaに移行するというケースも増えてきていることから、Javaを習得することが近い将来を考えて必要になってきているのが実情です。

デバイスごとの対応力の重要性

ウェブ制作を担うエンジニアのスキルアップの方向性としてもう一つ重要なのがデバイスごとの対応力です。一昔前にはパソコンのブラウザからウェブを閲覧するというのが標準的でしたが、今ではスマートフォンが多くなり、タブレットからの閲覧も多くなっています。また、パソコンという大枠で見ても大型ディスプレイのパソコンから小型液晶のパソコンまで幅広くなっているのが現状です。それぞれのデバイスに合わせて操作性や閲覧性を向上させたウェブ制作ができるようになるだけで飛躍的にエンジニアとしての地位が高まります。特にスマートフォン対応のウェブ制作を担えるエンジニアが渇望されている状況にあるため、スキルアップの方向性として重要になるでしょう。

WEBサイトの政策を行う上で欠かせない職種として、コーダーとゆう仕事があります。この人達に携わるのが、コーディングです